掃除機の誤解

先日掃除機を買い直しまして。
快適な日々を過ごしております。
いろいろ誤解していたなぁとシミジミ…。

昔、サイクロン式が流行り出し、ゴミが目で見えるようになりました。
「うわっ、一回でこれだけゴミが溜まるんだ」と。
そのもっと前は紙パック式が主流でして…
紙パックもギチギチになるまでゴミを溜めていると、何かしら
排気も臭う様な…臭い…。
ですから、サイクロン式を手にした時は、ゴミを一回一回捨てられるし
紙パックを買う事も無く経済的じゃん!と思っておりました。
しかし、確かにゴミはパカッと捨てられますが、
それに付随するフィルターの掃除は手でブラシを使ってシュッシュと…。
舞い上がる細かーい埃がストレスに。朝日に当たった日にはもう!
本当にあの埃はすごいですよね。あれを吸っているかと思うと(>_<)

思えば、紙パック式の時は、多分l交換用の紙パックを純正を買わずに
廉価な汎用フィルターを使っていたような。
確かに純正の紙パックは少々お高いですが、かなり性能もよいはず。
(純正を使わなくて失敗したのは、以前のプリンターのインクと同じですな)

で、掃除機本体もネットで買えば少しはお安くなるのですが。
(きれい好きではありませんが)掃除機は毎日かけたいので、○○電気店に。
買うが買うまでどちらにしようか迷いました。
説明をしてくれるお兄さんに、フィルターの掃除のやり方を見せてもらって。

「こちらを外して、ゴミを捨てます。で、この留め金を外して…」と実演して下さったのですが。

クルクル、パチンパチンと外して中のフィルターを付属のブラシでシュッシュと。
これを毎日するの?(中のフィルターは毎日じゃなくても良いらしいけど)

無理!

外観はすごくスタイリッシュでいい感じで値段も手ごろでしたけど。却下。
やっぱり悩んだ末に紙パック式に決めました。
お兄さんがおまけに純正の紙パックもつけてくれたので(*^_^*)
少々、ネットより高くてもちょっと嬉しい♪

そして毎日、快適でーす。

あー何で早く紙パックに戻らなかったんだろう。
1月30日から使いだし、時々紙パックのゴミの具合をチェック。
まーだまーーーだ、余裕です。臭いなんてしません。
掃除を終え、紙パックをそっと覗いては・・・うししと嬉しく思っています。

しかし、一つ自分が買った機種で難を言えば、ちょっと重いしデカイ。
掃除機本体の背中に取っ手がもう一つ欲しかった位かな...。
でもあの、毎日の埃のストレスを考えれば幸せ。

と、私の主観ですので。サイクロン式が悪いと言っているわけではありません。
それぞれ一長一短ありますから。
それに、もしかしたら高価な掃除機はオートフィルタークリーニングとかあるかもしれませんし。
(私の買ったのは、2万~3万円代の製品です。)
ただ私は紙パック式で良かったなぁーという感想でした\(^o^)/


こうやって、時々紙パックの成長具合をチェック。ニヤニヤしております^m^
(1月30日~2月11日現在の状態)
こんな事に小さな喜びと幸せを感じられるなんて…うふふ。
f0039624_11244330.jpg

[PR]
Commented by (▼д▼)/=馬主さん at 2013-02-11 21:13 x
ありがとうございます!!
そのような
貴重な御意見を聴いて居れば
いや
これから
頑張ります!!!
Commented by mame-neko3 at 2013-02-12 00:02
何が嬉しくて掃除機の掃除をしなきゃなんない
ぜ~ったい私はしないだろうなぁと
それに割れたガラスとかも掃除できないなんて
と、いうことで
うちも紙パックの掃除機を使ってるよ^^
紙パックも純正の。。。高いけど
孫ちゃたちのために ^^;
Commented by ひなた at 2013-02-12 08:33 x
☆馬主さん

使ってみて初めてわかる事もありますよね。
誰かの幸せの為にが、いつしか自分の幸せの為に…なると
間違った結果辿りついてしまうようです。
私も実感しております(^^)
Commented by ひなた at 2013-02-12 08:36 x
☆まめねこさん

さすがっ!!!素敵おばぁちゃまはちがいますね。
私は吸引力とか、紙パック代ケチってとかしか思い浮かばなくて。
素晴らしい。おばぁちゃまの鏡ですなっ。うん!
紙パックの純正って高いけど…それくらいはどこかで無駄遣いしてるしね…。
何千円もするわけじゃないんだよね~^^;
私も尊敬するおばぁちゃま目指して頑張りますっ!
#あ、もう一人も、もうじき素敵おばぁちゃまの仲間らしいね~^m^
by hinatapowers | 2013-02-11 11:27 | 日記 | Comments(4)

いつも笑っていたいなぁ。 


by hinatapowers