すごいなぁ~

先日図書館で借りた本を読んでいて。
その中に出てきた「大野晋さん」という名前を初めて知りました。
日本の国語学者です。2008年に亡くなられていらっしゃるんですね。

なぜ、この方に興味を持ったかというと
ブログを通じて知り合った方が中国語の勉強をしていて
中国語を勉強するもの大変だけど、「日本語って難しい」という事を言われて…。
そういえば、日本語を話すことはできるけど、日本語をちゃんと知っているかと言えば
んー危ういなぁと。
「国語」って大事な教科だったのだなぁとしみじみ思った次第で。

で、大野晋さんの「日本語練習帳」という本を借りてみました。
まだ読み出したばかりで、Amazonで買おうかなぁと思っています。

読み始めではありますが、

「言葉づかいが適切かどうかの判断は、結局それまでに出会った文例の記憶によるのです。」

と、ありました。あまり本を読んでいない私は恥ずかしくなりました。
「言葉を的確に運用する」かぁ…。

「一生に一度しか出会わないような単語が、ここというときに適切に使えるかどうか。
使えて初めて、よき言語生活が営めるのです。」

この本なかなか面白いんですよ。
あまり時間がなくてちょっとずつしか読めないけど。
日本語練習帳で日本語を練習してみます(*´∀`*)



でも、もっと感心するのは…図書館の本にピッチリとシールのカバーが貼ってある事。
実に気持ちよくきれいに貼ってあるんですよねぇ。
日本語も適切に使えるようになりたいけど、シールもピッチリ貼ってみたいものです\(^o^)/
[PR]
Commented by (▼д▼)/=馬主さん at 2013-10-14 23:15 x
好いです
感銘
Commented by ひなた at 2013-10-15 09:10 x
☆馬主さん

馬主さんは、お仕事がらいろんな国の言葉をしゃべられるんですよね。
私は、今頃日本語というものをシミジミ考えている所です^^;
Commented by 417mariyo at 2013-10-16 12:01
子どもの頃から父が言葉に厳しくて
「てにをは」をきちんと使い分けること、
「橋」と「箸」など同じ言葉でもイントネーションを正しく発音する、
など色々教えられました。
おかげで国語の成績だけは良かったけれど
大人になっても日本語の難しさは痛感します。
でも日本語は美しいと思う♪
私もその本、読んでみたい気がします^^
Commented by ひなた at 2013-10-16 21:14 x
☆mariyoさん

厳しいお父さんでしたよねぇ。キリリとされた。
その気持ちがmariyoさんに受け継がれているんですよね。
日々の生活に感謝しながら真っ直ぐに生きていく。
素晴らしいことです。

そうそうこれは問題が出るんですよ。面白いんです。
一度読んでみてください。私は寝る前に布団の中で開いて
睡眠導入剤になっていますけどね…(;´д`)
by hinatapowers | 2013-10-14 22:08 | 日記 | Comments(4)

いつも笑っていたいなぁ。 


by hinatapowers