カテゴリ:日記( 83 )

リンゴ

日曜日にスマホに切り替えてきました~。

設定に目がショボショボで。
友人たちにLINEのIDを送って登録してもらうのに
返事が来るのは良いけど、だんだんと目と体力がついてこなくなり
疲れ切ってしまいました(-_-;)
(妹に「代わりに打ってくれ」という事態に)
少しずつ使いこなして行こうと思います。

小心者なので、家でのWiFiの扇マークみたいなのを見ると安心しますな。

f0039624_9492720.jpg




そうそう、先日いきなり家裁から調停の連絡がきました。遺産分割協議の件らしい。
弁護士まで雇ってご苦労なこったww
どうも、私たちが通帳を隠し持っていると疑っているみたいですな。
二つほど不明な通帳があると項目がありましたもん。
なーんも持ってないっつーの。
なんの根拠があってその通帳があると言ってるんだか。
まぁ調停だけで終わるといいけど。
しばらくは調停に向けて質問を考えたり、書類の記入をしなくてはいけません。
お金が絡むと人ってこんなもんなのね。勉強になりますなぁ。
[PR]
by hinatapowers | 2015-11-12 09:54 | 日記 | Comments(2)

スマホデビュー

というか、スマホデビューの予定…だった^^;

伯母の件で色々と連絡することが多くて、ガラケーの料金プランを変えました。
妹が「姉ちゃん、ガラケーでこれだけ払うならいっそのことスマホにしたら?」と。
まぁ、機種代はかかるけど。
「スマホあったら便利だなぁー」と最近やたら連絡が「ラインできますか?」と言われる理由もあり。

docomoに相談に行ったら、冬モデルが出る時期なので「新機種を予約されては?」と
富士通の機種を予約しました。でも11月末発売。
まぁいいかーと思ったら、息子がスマホを変えましてiPhone6sになりました。
「お母さんがiPhoneにしたら、いろいろ教えてあげるのに~」と言われて
もう発売されてるから早いかもと、先週予約を変更しに行きましたよ。

そして今度のiPhoneには新色が出ていて可愛いピンクがあるんですね。
またまた息子が「ピンクにしなよ!」って言うもんだから。
そしたら、人気ありすぎていつ入荷になるか分からんらしい。

おい!スマホデビューが遠のいたじゃんかっ('Д')
ま、いいけどね。気長に待つことにしました。ちょっと楽しみだぁ~。
人にスマホの話したら、電話本体より先にスマホケース(バック?)が来ちゃったwww



さて、余命短いおじいさま、元気に過ごしておられます。
本人は地獄の苦しみらしいけど。
至って元気。毎日一番風呂にゆったり、のんびり食べて飲んで吸って(タバコ)ずっとTV三昧。
若いころからちゃんと働いてる姿見たことないから、これが普通と思ってるけど?
しかし、家族が自分の苦しみを理解してくれないから、精神的にもつらいんだって。

自分ばっかり辛いって言うけど、私たちには何もつらい事がないと思ってるのかね?



ほれほれ、あっちにはかわいいお化けがまってるよ~ん。

f0039624_16215243.jpg

[PR]
by hinatapowers | 2015-10-25 16:23 | 日記 | Comments(10)

最近のお気に入り

人間生きていたらいろんな事ありますねぇ~^^;



先日も、あるところの飲み会に呼ばれ参加したのは良いのですが。



まぁ驚く話ばかりで…カミングアウトがハンパない。



事務長さんも大変だなぁとしみじみ。



実際知らなくて良かったかなぁ~とちょっと思ったwww





私も親といろいろありますから…他人ならなおさら。




今朝は、ちょっと無気力になりかけてどうにか気分を戻しましたけど。



鬱になる気持ちがよく分かります。






で、最近のお気に入り





ゴリパラ見聞録!





お笑いのゴリケンさんとパラシュート部隊の斉藤優さん、矢野ペペさんの旅行記?と言うか





視聴者の行きたいところに行って写真を撮るって番組なんですけどね。




まぁ、飲み会がメインな部分かも?斉藤優君がグダグダですぐなくし。




ゴリケンさんは天然だし。




おかしいの。




思わずDVD買っちゃったわ。




「水曜どうでしょう?」と似てるのかな?見たことないけど。




今のお楽しみの一つです~~~(^o^)丿





[PR]
by hinatapowers | 2015-09-28 10:18 | 日記 | Comments(2)

原因

こじれた(こじれそうな)問題には原因がある。




今回本当にそう思った。




確かに




叔父の一連の行動には問題が多いけれど。




起因となるものが何かあるはず。




ふと




思い出した。





あれかも…





うちの両親にも原因があったんだと思う。





まずは





何から始めるか考えてみよう。




人間関係って難しい。




親子にも兄弟にも相性がある。




昔からの固くなった結び目をほどくのは難しいかもしれない。




ま、これ以上こじれないように、反省の気持ちを持って向き合うしかないね^^;
[PR]
by hinatapowers | 2015-09-25 11:25 | 日記 | Comments(0)

聞く耳もたず

叔母が亡くなって…すぐに叔母の家を更地にするという叔父家族。


まず財産分割協議書を交わさないといけないのだけれど。


叔父が頑として弁護士!弁護士!と騒ぎ立て。結局頼んでいるそうな。


すんなり1/2ずつと言っているのだから司法書士で済む話なのですが


なぜか弁護士を入れるの一点張り。


周りも、別の親戚もこの叔父はいったい何をしたいのか?


それに四十九日も終わってないのに「更地にして売却」と言い張る、神経を疑っています。


もともと、叔母を火葬場に連れて行った日に「四十九日も一緒に」というくらいだから。


叔父本人も「二人で半分ずつ」って言っているのに。


弁護士入れて3~40万かけて何をしたいんだか。


周りが私に「司法書士で済むって言いなさいよ」というので電話したのですが


「うちの弁護士さんがどんどん動いてるから」とか


「司法書士?それはあんたが頼めばいい」とか。


弁護士を入れないで司法書士で済むんだしお金も安く済むんだよと言ってもダメ。


「自分は弁護士が「司法書士を頼め」と言ったら頼むから」と。


弁護士のいう事しか聞かないらしい。好きにしたらいいけどさ。


どうせ司法書士さん頼むんだから。


もう、胃がキリキリして眠れなくなっちゃって体調悪しです。


とにかく自分が喪主なのだから、お前たち家族は関係ないとはねつけてる感じです。



叔父の娘(わたしにとってはいとこ)←こいつが曲者。



遺品の整理をしている母に「今月中には終わらせて下さいね。家を崩しますから」だって。


ばっかちーん、勝手に崩したりできんつーの(怒)


お前には人としての感情がないのか?「家があるだけで経費が掛かりますから」だって。


はぁ、、、叔母ちゃん、こうなっちゃってるよ。どうなの?



退院したら息子と一緒に住もうねって言った叔母。あなたの家すぐになくなっちゃいそうだよ?


叔母と息子…23年前の写真です。
f0039624_15482365.jpg

[PR]
by hinatapowers | 2015-09-20 15:56 | 日記 | Comments(4)

相続ドロドロ

いやー叔母の死を悲しむ暇なく…



どうやら熊本に住む叔父に、私たち家族は叔母のお金を食い荒らした人たち



すなわち「ハゲタカ」のように見えているらしいです。



どっちがですか?



と言いたいのですが




叔母の残した現金や通帳を渡せというので、全部渡すと



他の親戚に



「妹家族(私たち)はとんでもない家族だ!遺産の件は弁護士を雇って話し合う」と息巻いていたらしい。



何馬鹿な事いってんだろ。



親戚が「で、下ろしたお金ひなたさんが使い込んでいたんですか?」って聞いてくれたら



「いやそのお金はある。」



「通帳とかもないんでんすか?」と聞くと



「いや、それもある」



「じゃぁ何が問題なんですか?」と聞いてくれたらしい。




「姉の遺産が少ない。現金とか一千万しかなく妹家族(私たち)が使い込んだに違いない」と。




叔父の頭では2~3千万円は残っているはずと。





こうなったのも、亡くなった叔母が熊本の叔父を警戒して



「お金の事はひなたさんに任せている」って言ったからなのですが。



もう、たまらん。



叔母が私に通帳を預けたのは亡くなる一ヵ月前で。



現金にしておいてと言われて少しずつ下ろしておりました。



印鑑がどれか忘れたのでキャッシュカードで下ろしてって。



それもみんな叔父に振り込んだのですが。



「足らん!」と、怒っているそうな。



生前叔母が




「あの人(熊本の叔父)には一千万円以上渡してるから、あんなたの分はないよって言ってるから大丈夫」




なんて言っていたけど。




葬儀の時から私にまとわりつき「通帳を送ってね」と言ってる人ですからね。



ったく。あんたがもらってんじゃん。私は知らん!!!




本当にもう嫌だ嫌だ。



話もコロコロ変わって、語気も荒く気がめいります。



で、ICレコーダーを買うことにしました。



「言った、言ってない」の話で困っているから。




しかし、叔父もなかなか卑怯な人間で



今度行われる納骨(しぶしぶすることになった)の時に



唯一の親戚に時間を知らせるふりをして、「遅い時間い変更になったので



あなた達は遠いので参加してなくていいよ」と遠ざけようと細工をしていたそうな。



熊本の叔父の行動を不信に思っている親戚が私に「ぜひ参加するからね」と



協力してくださっているので頼もしい。



亡くなった叔母よ、さぞかし悲しいでしょうが、貴女が何も書き残さなかったからだよ。



みんな生前の叔母の言葉を知っているのだけど、何の証拠もないからね。



早く決着つけて欲しいですな。



んーこんなことが起こるなんて。本当にいらん労力を使いますよ。



みなさんもちゃんと書き残すかしたほうが良いですよwww
[PR]
by hinatapowers | 2015-09-06 10:13 | 日記 | Comments(2)

叔母を送る その2

続くと書きましたが…


通夜と葬儀では書ききれないくらいいろんなことがあって。



書こうかと思ったのですが、嫌になったのでやめます。



今は静かに叔母を送ってやりたいから。



でも数少ない親戚が…理解してくれているだけありがたいし



何といっても、熊本の叔父が長男であることには変わりなく



それを踏まえて行動をすることにしました。



まぁ私たちも今まで、何も知らずにきていたので



お寺さんにお話を聞いたりして勉強させてもらいました。



私たちは29日に叔父が熊本に帰るときに、お骨も一緒に帰るものと思っていたのですが



叔父は、みんなに黙ってお骨を叔母の買ったお墓に納骨して帰るつもりでした。



しかし、古いお骨があったので叔母のお骨が入らず断念してお骨を置きに帰ってきたのでした。



いろんなやり方や風習があります。



親戚は納骨の時期が早すぎる!と怒っていましたが、



すぐに納骨したり、四十九日が終わってから納骨したりなど決まりはないそうです。



でも四十九日って大事なんだなぁと恥ずかしながら初めて知った次第です。



まぁ叔母のお骨が自宅に戻っただけでも良かったのかも。




今回の事でいろんなことを勉強させてもらっています。



今度9月に叔父がもう一度来るそうです。その時に納骨するらしいので



その時は母たちや行ける親戚たちも一緒に行けそうです。



その後の四十九日の事は叔父の頭にはないようですので



静かに私たちだけでさせてもらおうかなと考えています。




いやはや…これが落ち着いたら。叔父が弁護士を通じて遺産の話をするそうな。



叔父と母の二人だけなので司法書士でいいのでは?…と提案したら、



どうしても弁護士を入れたいらしいのでお任せすることにしました。



しばらく疲れそうな予感です^^;
[PR]
by hinatapowers | 2015-08-30 22:52 | 日記 | Comments(2)

叔母を送る その1

8月27日に叔母は逝きました。


28日に家に帰る予定だったのにね。
27日に容体が急変して、病院から呼ばれました。
朝、8時過ぎ…熊本の叔父にも「危ないそうだよ」と連絡して。
(熊本の叔父はむち打ちで入院していましたが
結構、いろいろな事で連絡があったのでちょこちょこ一時帰宅をしていた
一応退院して駆けつけようとしているらしい)

私たちが病院に駆け付けた時は、叔母とまだしゃべれる状態でした。


「今日は特にきついなぁ」と酸素マスクをしてハァハァと息を苦しそうにしていました。


もう、命の火が消えようとしているのが、私にも分かりました。


息子は叔母の顔を見ると涙が止まらなくなって部屋に入れませんでした。


そして12時過ぎ、ベットの上の方に体を上げたいというので妹と体を上げてやると


汗をびっしょりかいていました。


「着替えさせてもらおうか?」と言うと


「うん」と言うので


ナースコールで看護師さんに体を拭いてもらい着替えをさせてもらっていたら



突然呼吸が止まったようで、呼ばれました。



慌てて部屋に戻った時は、最後の呼吸をしている所でした。



息子が叔母の手を握り「大好きだよ」と何度も何度も。



そして、皆から見守られながら息を引き取りました。



「最後に着替えさせてもらって気持ちよかったね」と。





・・・7月27日12時12分 主治医が死亡時刻を宣告されました。







…ここで、熊本の叔父に電話すると、まだ熊本の自宅にいる様子。



どうやら葬儀の手配をしているようでした。




叔母に「家に帰ろうね」と話しかけていたのですが。






どうも、熊本の叔父が葬儀社の人に「遺体はそのまま葬儀場に!」と指示したようで。



私達一同「え?家に帰さないの?」と。



それからが大変。



主治医も亡くなった叔母の前で「家に帰してあげられなくて、ごめんね」と言って下さったのに。



葬儀社の電話番号を聞いて「いったん遺体を自宅に寝かせてあげたい」とお願いすると



「良いですよ」と言われたのですが。



叔父に「叔母を一度家に帰したい」と言うと



「坊さんが5時に斎場に来るっちゃけん、遺体を早く斎場に移せ!!!!」と。



電話先で怒鳴られました。



親戚も「えーそりゃないよ」と。




ここから…叔父の本性がだんだんと表れてきたのです。




そして、「17時から通夜をするっちゃけん!坊さんも17時にくるんやから」と言われて、皆びっくり…。




「え?さっき亡くなったし、昼すぎなのに今日通夜?」




葬儀社の方も叔父と私たちに振り回されているようで大変。




遺体を家に帰す帰さないの押し問答。




で、親戚の一人が「おじさんは今高速に乗ろうとしてるんやから



こっちにつくまでの間に少しでも家に帰してあげよう」



と、たった30分だけど



叔母は念願の家に帰ることが出来ました。



生きているうちに帰してあげられなくて御免ね…。



でも、お別れをする暇もなく私たちは喪服を取りに帰らなくてはいけなくなりました。



叔父が「俺が手配してるのに、皆さんに連絡してるんだから時間が狂うと迷惑がかかるやろうがっ!」



と、電話先で怒鳴ります。



とにかく葬儀社の方も「熊本の弟さんがえらく急いであるんですよねぇ」と。



私は葬儀社の方に「ご迷惑をかけてすみません。叔母を家に帰すことができたので



あとはすべて叔父の言うとおりにして下さい」とお願いしました。




続く。
[PR]
by hinatapowers | 2015-08-29 08:56 | 日記 | Comments(2)

タイムリミット

もう叔母には時間がありません。


主治医が


「たったひとつ心残りは家に帰してあげれなかった事です」と


母を呼んで言われたそうです。


母が決心しました。


28日なら受け入れられます。と。


叔母が28日に帰りたがっていた家に戻る予定です…。


多分、その日に逝ってしまうかどうかの瀬戸際みたいです。





で、熊本の叔父が大反対しています。


「死にそうな患者を放りだすのか!」と「病院にいるのが安心だろう」



「そんな状態で家に帰してどうするんだ!死ぬのを待つだけじゃないか!」



「21日の話と違う!」「転院も視野にいれろ」



あす主治医に言うそうです。 愚かな叔父。



叔母の状態を理解していないからこんな言葉が言えるのです。



私たちは最後に家に帰してあげたい。あんなに帰りたがっていたんだもん。



そして叔母が亡くなったらいうんだろうな。



「お前たちが殺したんだ」ってね。






一番残酷なのは身内なんだと知りました。





おばちゃん、もうすぐ家に帰れるからね。一緒に帰ろうね。
[PR]
by hinatapowers | 2015-08-27 00:04 | 日記 | Comments(4)

まさかの…(-_-;)

いろいろございました。

叔母はステロイドで症状を緩和している状態です。
21日に主治医と叔父と母が話し合うはずでしたが
どこがどうなったのか、時間が急に早まったり、叔父が交通事故を起こしたり
結局主治医・叔母・叔父・私の息子(急遽代理で参加)の話し合いになりました。
息子が録音していてくれたので聞いてみると。

主治医はステロイドは約3週間程度効くが次の治療まで効果が持つかどうかは分からない。

という事で、27日か28日に再度ステロイドの治療をするがそれが効果が出るか分からない。

だから、家に帰りたいなら今(8月22日から)。


と、主治医が説明しているのに、叔父は「今暑いから退院は9月に入って」と言う。
それを聞きながら人の話きいとるんかい?と思ったけど。
まぁ、母が叔母の家に行くにも今月末からしか行けないのでそう言ったのかもしれませんが
なんとなく、


「今帰らないと、もう帰れませんよ」



言っているような…気がしたんですけどね。
で、叔父は母が商売を休んで叔母の家に行くことを知っているんですね。
「妹も商売しているから…姉の家に来るにも準備が」ってはっきり言ってたし。




で、それから叔父は交通事故(玉突き追突の真ん中)の診察をしに行ったっきり…
母たちが病院に行くから待っててねって言っていたのに、
叔父も「診察して戻ってくる」って言っていたらしいのに…



しばらくして「俺、気分も悪いし、車に乗って帰るけん」と叔母に電話をして熊本に帰ったそうな。


気分が悪いのに車に乗って帰れるの?
「熊本のおじちゃん帰ったよ…」と息子は唖然…。
母たちも慌ててやっと病院に到着するも叔父は帰った後。
色々と今後の事も話そうと一生懸命やってきたのに。待ってるって言ったのになぜ帰る?
母も電話するけど、叔父は出らず。

土曜には叔母から「熊本は入院したよ」と聞かされる。


で、日曜の夜。



叔父から母に電話が。
とにかく最初から感じが悪かったらしい。
「入院したらしいね」と言うと「土日で入院やらできんよ、月曜から入院する」と。
「だけんしばらくそっちに行けんけん」と。
話し方に険があり、何か変だなぁと話していた母。
で、いきなり叔父から「あんたはどうするとね?」と。
「どうするも…お客さんに言っていったん店を休業して姉さんの家に行くつもりよ。」


叔父は、母が行くって知っているのに何でこんなことを聞いたのか…。

「旦那(うちのオジジ)はどうするとね」と。「一緒に連れて行くよ」と言ったら


「そうね、俺はあんたの旦那がおる間は姉の家には行かんけんなっ!」と。



そう、父と叔父夫婦は20年前位にいさかいがあって。ずっと根に持っているらしい。
お互い言い方の悪い二人。熊本の叔母もオーバーに泣いたり曲者だしwww



何だか変な方向に行っちゃってるよ?


すると、叔父は次の日の朝入院中の叔母に電話をして
「なんであいつを家に入れるのか」といきなり噛みついたらしい。
かなり色々言われたようだった。


死ぬか生きるかの病人によく言うわ。ひどいよー。
叔母も落ち込んで…「そんなにしてまで来てくれなくていい」とか
「あの時は、あなたの夫の言い方も悪かった…」とか
「やっぱりあなたの夫とは住むのは難しいかも…」まで言い出して。
24時間誰かがついておかないと退院できませんよって言われたから
母も店を休んで行くつもりなのに…。
母もがっかりしていて、叔母を慰める気力もなかったそうな。




父を叔母の家に入れたくなかったら、叔父よ、自分が来いやっ!!!!





でもね、思った。




学んだ。





憎しみは何も生まない。





今回の事で私は学んだんだ。私の父への気持ちもそうなんだけどね。




許さなくていい、忘れよう!




多分、叔母は長くない。葬式も色々あるでしょうよ。
でもね、母に言ったの「叔母が気持ちよく逝けるようにしてあげよう」って。
「恩返しはしておこうよ」って。




叔母のために…ね。



しかし、最終的に兄妹喧嘩になるとは…まだいろいろ起こるんだろうなぁ。
[PR]
by hinatapowers | 2015-08-25 09:35 | 日記 | Comments(0)

いつも笑っていたいなぁ。 


by hinatapowers