<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

やられたらぁ

半沢直樹も面白かったけど...リーガル・ハイもおかしいねぇ(^v^)


はい、うちも父が復活しまして。元にもどったそうな!

家族そろって…


「かわいくなぁーーーーーい!」
だって。


そういう人だったじゃない~\(^o^)/




[PR]
by hinatapowers | 2013-10-30 08:35 | おとん・おかん・息子 | Comments(2)

むむっ

父は、まだ起き上がれないながら…元来の父の姿に戻りつつあるようで…。
ほやっと可愛らしくボケていたのがわがままな父に。
「アイスクリームが食べたい」と妹に言っていたらしく
「先生に聞いてから、良かったら(OKだったら)今度くるときに買ってくるね」と妹が言い。
先生に尋ねたところ「バニラアイスならいいでしょう」と。
妹が子供を連れて父に会いに行き「アイス買ってきたよー」と見せると…

「俺は、バニラは好かんったいっ(怒)、チョコレートが好いとうとに」と…
妹が「なんでも食べたらいかんとよ、先生がこれならいいって言ったけん」と言っても
「俺は食わんけん、お前たち食べやい」と…┐(´д`)┌ヤレヤレ

そして母が顔を見せると甘えるのか、言葉がきつくなってきたようです。
いやはや…元のじいさんに戻っておるわい。

先日妹が「お父さん、今度はちょっと違うみたい」とションボリしたメール送って来た時に
ちょっとだけ動揺した自分がバカだったわ。


なんだかなぁ~。


それにしても、今日テレビを見ていて…えええっ?と思ったやつ。
こんなんCM流していいのぉ~(//∇//)


[PR]
by hinatapowers | 2013-10-27 22:48 | おとん・おかん・息子 | Comments(0)

こころ

掃除機は修理に出そうとして、買った所に持って行ってもらったものの
お店が改装中で25日まで…ダメらしい。゚(゚´Д`゚)゚。
待つしかないけど。不便だっ!

入院中の父は、せん妄状態から少しずつ戻りつつあるようです。
どうやらまだらボケみたいになっていて、今はかなり穏やか人間らしいです。
記憶がプツンプツンと切れては繋がり
「ここは日本か?どこだ?」なんて言ってみたり
でも母や妹を見ては誰かはわかるようで、しかし名前は出てこないらしい。
ぽやーんとしていて子供に戻っているみたいで。

どうなるんだろうなぁ。
本人は「死にたい、チャンスがあったら行く」って言っていたそう。
どこへ行くんだか…。
「看護師さんから人体実験された」と言ってみたり。
凶暴になるよりはましですが。
私が顔を見せたらどうなるんだろう。
急に「こいつは根性が悪いから好かん」とか言うんじゃなかろうか?
ひゃー怖い怖いー!

記憶が飛ぶらしいので、嫌な記憶が戻ってこないと幸せですね。
今の父のようなボケ方は良い方じゃないでしょうか?
だんだんと元に戻るらしいけど、どうなるかわかりませんが。

母が、「私が誰かわかる?」って聞いたら
「ほら、お前は俺のかわいいばぁさんやないかーヽ(*´∀`)ノ」だって。
名前が出てこなくて…にこにこしながら母の頬を撫でていたそうな。


人間は怒ったり、恨んだり、すねたり、妬んだり
そんな感情がなくなると幸せになれるのかもしれないなぁ。
[PR]
by hinatapowers | 2013-10-23 22:12 | おとん・おかん・息子 | Comments(0)

壊れたよ

手術をした父親の見舞いにも行かない親不孝な娘だからなのか?


バチが当たったのか…掃除機(1月に買ったやつ)がいきなり電源が切れまして
ウンともスンとも(;´д`)
はふーん…こりゃ困った困ったぁ~。
しかし会社にあった掃除機をもらいました。
(ある人が買ったものの、重たくて使い勝手が悪いので会社で使って!ともらっていたが
本当に重たくてかなーり使い勝手が悪いので放置されていたもの)
「掃除機が戻ってくる間貸して欲しい」と言ったら「やる」と。
重いけど使い勝手悪いけど…掃除できないと困るので、ありがたい(TдT)

はぁぁ…よーバチが当たるやっちゃ。
[PR]
by hinatapowers | 2013-10-22 22:16 | おとん・おかん・息子 | Comments(2)

優しさ

今日は母をつれて父の病院へ…私は病室には行きませんでした。
まぁ、父とはいろいろありますので、冷たい人間と思われても仕方ありません。
「お前には迷惑かけとらんめーが」と言われても
間接的にはこうやって父のために母を連れて病院へ送ったりしているわけで。
まぁ、自分の父だから私も「顔を見ない」ということができて
これが義父だとそうもいかないのでしょうけどね。
そういう部分ではわがままができるのですけど。
自分の来て欲しい時に母が来なかったと言って、
病室に入った私たちに手でシッシと動物を追い払うような仕草ができる人ですから。

先週は父から母が二度も呼び出されたので、病院から帰ってきて
また病院へという事にもなりましたけどね┐(´д`)┌

それはいいとして、どうも今回は術後のせん妄があっているようで
病室を移されていたとか。
父が入院してからは妹がうちでの仕事を終えたあとに、病院が帰り道なので寄っているようですが。
(良かったね、優しい娘もいて…さ)
点滴などを抜くようなので、注射をされて少し意識が朦朧としているようで
妹が顔を見に行った時、妹の手をさすりさすりと撫で回していたそう。
妹が「お父さん、痛いの?」なんて声をかけると…
朦朧とした目をうっすら開けて「お前か…」って、いったい誰の手と思ってさすっていたのさ?!
妹が「失礼しちゃう」ってwww
単語でしか、会話ができずにいるようで、母も「そういえば術後まともに話してない」と。
結構、術後のせん妄は高齢者には多いようですね。
興奮状態になるらしく、暴れたりするんですって、意味不明な事を言ったり。
父もふにゃふにゃと意味不明な事を言っていたらしいけど。
ちょうど、薬が夜効かずに昼間効いて眠っていたようです。
術後一週間後から徐々にしっかりしてくるようです。

父もそんな状態ですが、今朝はチャー君が発作を起こしまして。
まぁもう何度か発作を起こしているので、年齢が年齢だけに
いつ虹の橋を渡ってもおかしくないのですが。
発作を起こす期間がだんだんと短くなってきまして
正直もうそろそろかもねぇと、母がしんみりと。
発作を起こすたびに、オチンチンの先からニトログリセリンを入れるのです。
暫くすると発作が収まり挙動不審になるのですが、一応元に戻ります。
何度か繰り返しているので…。覚悟はしているものの。
父が「俺とお前…どちらが先やろうかね…。俺か?」なんて言ってましたっけ。
絶対にあんたが後だろって思うんですけどね~(;^ω^)
年の離れた妹が生まれた時も「俺はこいつの成人式まで生きてるやろか?」って言ってて
その妹も34歳だし、だいたい孫が二十歳すぎてますけどね…。
死ぬ死ぬ言う人はなかなか死なないもんです。

病院から帰ってくるときに、図書館に寄って予約していた本を受け取りまして。
先日、アンパンマンの作者のやなせたかし先生がお亡くなりになったとニュースで知りました。
昔「やさしいライオン」という映画を小学校で見たような記憶があったので、
どんな内容だったのかなぁと借りてみました。
この絵本のメッセージってどういう意味なんだろうなぁと考えていました。
優しさ?親子愛?思い合う心?
親子でもいろんな形や思いがあるなぁと自分と重ねながら…。
懐かしい絵を眺めているところです。

f0039624_16521052.jpg

[PR]
by hinatapowers | 2013-10-20 17:08 | おとん・おかん・息子 | Comments(2)

今夜の締めくくり

なんてこったーーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。


f0039624_22184075.jpg

[PR]
by hinatapowers | 2013-10-15 22:19 | 日記 | Comments(2)

すごいなぁ~

先日図書館で借りた本を読んでいて。
その中に出てきた「大野晋さん」という名前を初めて知りました。
日本の国語学者です。2008年に亡くなられていらっしゃるんですね。

なぜ、この方に興味を持ったかというと
ブログを通じて知り合った方が中国語の勉強をしていて
中国語を勉強するもの大変だけど、「日本語って難しい」という事を言われて…。
そういえば、日本語を話すことはできるけど、日本語をちゃんと知っているかと言えば
んー危ういなぁと。
「国語」って大事な教科だったのだなぁとしみじみ思った次第で。

で、大野晋さんの「日本語練習帳」という本を借りてみました。
まだ読み出したばかりで、Amazonで買おうかなぁと思っています。

読み始めではありますが、

「言葉づかいが適切かどうかの判断は、結局それまでに出会った文例の記憶によるのです。」

と、ありました。あまり本を読んでいない私は恥ずかしくなりました。
「言葉を的確に運用する」かぁ…。

「一生に一度しか出会わないような単語が、ここというときに適切に使えるかどうか。
使えて初めて、よき言語生活が営めるのです。」

この本なかなか面白いんですよ。
あまり時間がなくてちょっとずつしか読めないけど。
日本語練習帳で日本語を練習してみます(*´∀`*)



でも、もっと感心するのは…図書館の本にピッチリとシールのカバーが貼ってある事。
実に気持ちよくきれいに貼ってあるんですよねぇ。
日本語も適切に使えるようになりたいけど、シールもピッチリ貼ってみたいものです\(^o^)/
[PR]
by hinatapowers | 2013-10-14 22:08 | 日記 | Comments(4)

余命宣告

さて、父が来週早々に手術をするにあたって
主治医からの説明を聞きに行くために母を病院まで乗せていき
先生からのお話が終わるのを待っておりました。


30分もしないで母が戻ってきました。


まぁ、今の症状とこうこうこいった手術になりますという話ですが。
最後に「開腹しないとわからないので、もし開いてかなりガンが転移していれば
そのまま閉じる事もあります」その後は、抗がん剤治療で進めていくとかなんとか。
と(いうような意味の事を)おっしゃったそうです。

父は、結局先生の話をあまり理解しておらず、
画像を見たのか、白い点々(ガンらしいもの)を気にしていたらしく
「あれ(白い点々)はなんてや?」と、先生の話を母に要約してもらって…
「開けないとわからない部分もあるらしいって」と言ったところ
もう一人暴走が始まりまして。


「俺の症状は思ったより悪いごたぁね、余命1年といったところやろうな



って、誰も余命宣告してないだろうーーーーーヾ(・・;)ォィォィ
母が私を待たせているので帰ろうとしたら、父は一人佇んでいたそうな。
誰もそんなこと一言も言ってないのに。
とうとう自分で余命宣告しちゃったよ~┐(´д`)┌



※日記UPの時になんでタイトルの前にハートがついているんだろうと思ったら
ファン限定にチェックが入ってた。なにかの拍子にチェック入っちゃったのね。
いつまにこんな機能が(;゚Д゚)!

[PR]
by hinatapowers | 2013-10-13 12:25 | おとん・おかん・息子 | Comments(0)

農作業

珍しく三連休ですー(^O^)

今朝、父が入院しました。
何やら朝(AM4:00)からゴソゴソ…。
送る車がないのでタクシーで行きました。
8時半頃出るとか言っていたらしいけど
母が仕事の途中7時半頃朝ごはんを部屋に持っていったら
「こんな時間にっ(怒)バタバタして飯が食えるかっヽ(`Д´)ノ」と怒鳴ってました。
いくらゆっくり食べても一時間もかからんでしょうよ…。
えらく不機嫌で…。

でも、完食してたけど。結構食べるの早いくせになんで怒ってたんだろ?
涙ながらに「お父さん、頑張ってね…」と見送りしなかったからだろうか?

母に電話がかかってきて「耳かき持ってきて~」だってさ。



なんだろうねぇ~疲れるな。


今日はのんびり、カボチャ作ってました。
さて、これを笑顔でもらってくれる人はいるのかなぁ…。

f0039624_1682976.jpg

[PR]
by hinatapowers | 2013-10-12 16:10 | バルーンアート | Comments(0)

最後の晩餐

父がもうすぐ入院します。
今度の手術は前回の手術で残した胃を取り除くらしいのです。
まぁ、一年で再手術するなら一気に取り除いた方が良かったのでは?
と、思わないでもないのですけど。
その時は少しでも物を食べられるようにと残してくださったのでしょうね。
先生の心づかいのおかげで、大好きなものだけは食べておりました。
詰まったりして大騒ぎしていましたけど。

ですから...


胃が無くなる=ものが食べられなくなる


となっておりまして。


「手術をしたら、もう食べられんけん、最後だから」と


あれが食べたい、これが食べたいと言っております。
「すき焼きが食べたい…手術したら食べられんけん…」
「ごま鯖が食べたいけん、魚屋に注文してきた」etc



彼にとっては最後の晩餐weekらしい。
もう二度と食べ物を口に出来ないと思いこんでいるようです。
おいおい…最初は大変かもしれないけど少しずつは食べられるようになるでしょうよ。




父は退院してきたらどうやって生命を維持していくつもりなのだろう(;´∀`)
[PR]
by hinatapowers | 2013-10-11 09:54 | おとん・おかん・息子 | Comments(2)

いつも笑っていたいなぁ。 


by hinatapowers