人気ブログランキング |

肩が痛い

去年から何となく感じていた左肩の痛み

昔は

「50肩とかだんだん痛くなるんだから
ちゃんと対処すれば肩が上がらないとか無いっしょ!」

昔の私の馬鹿ッ!

と怒ってやりたい

というか、めっちゃ肩が痛くて

日常生活に徐々に支障をきたしているという

確かに徐々に痛くなってきてた…。
f0039624_08361214.png
痛いのよ!

めっちゃ痛いのよっ。

片方だけ。

で、今病院に行っています。
地元では結構有名らしい病院なんですが。

まぁ~その院長の ドヤ顔 見せてあげたい

診察室にはベタベタと選手との写真が貼ってあるのですけどね。

少しがっかりだったなぁ。謙虚が美徳は古いのか。

まぁ肩が治ればいいんだけどね。

とりあえず痛みが去ってほしいのです!

さて、今日もリハビリ行ってまいります(^^)/

# by hinatapowers | 2019-01-16 08:42 | 日記

2019年 明けましておめでとうございます。

パソコンの調子も悪く、すっかりブログから遠ざかっておりました。
気が付くとアッという今に月日がたち(毎回言ってますねぇ)
ここでお友達になった方々の何割が続けてるんだろう。
みんな元気かなぁ~しみじみ…。
年末なんだか亡くなったパピヨンさんを思い出したりしてて。
みなさん環境が変わったり、事情が変わったりしてるんだろうなぁ。

私も甲状腺の腺腫の摘出手術を進められていた中。
会社の奥さんがくも膜下出血で倒れたり。
私の方は急を要するものでもないし、先日テレビで
篠田桃紅さん(105歳の現役芸術家)の喉元をみて、
4cm超え位ではまだまだと思ったり(笑)
(実際術後の薬を飲み続ける可能性で迷ってますが)

孫も可愛いと思いますが、そこはそれ、ねぇ…ほら何と言いますか
お嫁さんへの遠慮もありまして。
難しい距離感があります。チビちゃんも少し人間らしくなって可愛いですけどね。
その代わり息子が 超が付く親ばかになっておりまして。
あれは…マジバカです。まぁいいことなんでしょうけどね。

バルーンの方はちょっと足踏み状態。
先生が体調不良で教室をお休みしちゃってから…こちらも遠のいてますねぇ。
全然触ってないし、気力がない。

今年はバルーンは置いといて。
ダイエットをせねばと思っております!
あとちょっと勉強をば。

やっとやっと伯母の件が片付きまして。
本当に今回は弁護士に泣かされて、知識がないという事は
人生損をするなぁと思い知らされました。
ルーズな性格、そして上から目線の女弁護士…母はこの人に心を折られましたよ。
何度も変えたいと思いましたもんね。
連絡しても折り返しはない、打ち合わせしたことをすぐに忘れる。
調停に遅刻は当たり前。お願いした書類は送ってこない。
この人から「すみません」ってただの一回も聞いたことがないです。
最後は自分から「この手続きは自分がしますね」と言った後に
中々完了しないので連絡すると、「だいたいこの手続きは私の仕事じゃなくサービスですから」と。
それを終わらせるのに結審から2カ月かかりました。
私たちがお願いしたのであれば言われて当然ですが。自分からすると言っておいて。
「サービスでしてやっとんのに、何を文句いっとんじゃい、待っとけボケ!忙しいんじゃっ!」って聞こえました(笑)
実名出してやりたい気持ちでいっぱいです。
こんな弁護士に当たるなんて、大ハズレ。紹介してくださった方も平身低頭で謝られて。
いかん、この女弁護士の事思い出したら腹が立って…書き足りない!

先日、この件で御世話になった方にお礼をしに伺った帰りに
伯母の家の前を通ってみましたが、もう更地になっていました。
何とも言えない気持ちがツーンとこみ上げてきて。
伯父は、伯母が亡くなって…たった一週間しか経ってないのに
弁護士を通じて「更地にする」と通達してきた時のショックを思い出しました。
そのあとは泥棒扱いでたいへんでしたが。
何を思ったのか3年かけて争った割には、最初から私たちが譲歩した内容で終わったという。
ただの嫌がらせの3年でした。
辛かったけど、これを踏まえて私の母が亡くなった後を考えるという事に結び付いたので、
よかったかもしれません。
今は前回お世話になった司法書士さんとその準備をしています。
最近、この手の話が友人たちと出るのですが、実際なってみないとキチンと用意ができないもんです。
その場になってみて「しまった」と思った時には遅いし、
兄弟、姉妹、その間柄に亀裂も入ってしまうものです。
しかし、自分の親世代もピンと来てない人もいるんですね。
タイミングが悪いと相続の話をすると怒ったり、でもちゃんとしてあげる事が一番大事かと思います。
結局伯母も「ちゃんとしてるから」なんて言ってましたが、
ハッキリとせず「この保険金で葬式してね」と伯父に言っただけの様で。
「あんた(伯父)にはもうするだけしたから、もうない」って感じで。ふんわりと嫌われたくないから。
きっとあの世でここまで揉めたりするとは思ってなかったでしょうね。
私たちもここまで伯父に恨まれると思っていませんでした。
そして伯父達がたいがいの嘘付きで。ビックリしました。
私は母に「もらわないで、もう手を引いては」と一度言いました。
実は息子が「お母さんがそれを言わんどって。別の人が『あの時もらえるものを
お前の母親が邪魔をした』と言われるのが目に見えてるから、
このまま調停を続けけて欲しい」と。
私もある人の顔が浮かんだので、そのまま続けて3年でしたねぇ~。

でも人って死ぬと、いくら大事な思い出があっても、品物があっても、
他人にとっては何も価値がないものだったり、売られたり、結局何も残らないものですね。
それなら自分が幸せに生きれたらいいのかなぁと思いました。
中学校時代からの友人とランチしたときに「終活」してるって話題になり
私の人生も終わりが見え始めたのねぇと認識。
それをどれだけ充実させるかが大事だと感じました。

今年はたまにはブログ書こうと思います(*^。^*)


# by hinatapowers | 2019-01-05 12:46 | 日記